インプラントン

『インプラント 痛み』
最新ツイート

聡子&ヨシキティー
(@yoshikitty44)

@R1Kira あのね、インプラントとは違うんだよ😅💦メスを入れられるぐらいの手術になるのがインプラントで、麻酔を打って痛みがわかんなくなるまで麻痺した隙を狙ってゆっくり抜かれてくんだけど…下の歯ほど麻酔の効き悪さはなく…痛いけど、Dr.の腕と相性次第で怖さは減るよ🙂

2時間前 - 2019年09月16日


ゆりこ
(@ANSDauditory)

術後3日目。インプラント部分の腫れはおさまってきて少しなら触っても痛くない程度になった。切った部分の痛みも弱まった。けど首が痛くて回せないらしい😣 早く痛みがなくなりますように😭

1日前 - 2019年09月14日


CAD日記
(@caddiary)

社畜だった時期に歯医者行けなかったので、歯を一本失うかもしれない。今日の治療は、痛む歯の深い歯周ポケットを麻酔かけてグリグリとほじくるものだった。麻酔かけたけど痛かった。痛みがイヤなのは、強い痛みが突然やってくるかもしれない恐怖があること。ダメだったら、3本目のインプラントだ。

2日前 - 2019年09月14日


インプラントは痛みの少ない治療法です

インプラントは、歯茎に太いチタン製のボルトを埋め込む手術ですから、痛みが酷いのではないかと考える人も多いです。しかし、実際には痛みはそれほど大したことがないのです。手術中は麻酔が効いているのでもちろん無痛ですが、麻酔が切れた後にも実はそれほどの痛さは感じないものなのです。一般的に歯医者さんでやってもらう抜歯と同程度の痛さだということですから、我慢ができないほどではありません。痛み止めの薬も出してもらえますが、ほとんど必要がないぐらいです。多くの症例がありますが、大多数の人が痛さはあまり気にならなかったと答えています。ですから、それほど心配をする必要がないのです。もちろん、きちんと定着した後には硬いものを噛んでも痛くなることがありませんし、むしろ入れ歯などの方が合っていない場合にはズキズキと痛んでしまうぐらいです。したがって、痛いのが嫌だという人にはむしろインプラントは積極的にオススメができるぐらいなのです。

インプラントの手術の痛みって?

インプラントは義歯に比べると利点が多く最近では処置を行う方が増えています。実際の手術中の痛みが気になり手術を受けられない方、心配されている方もいるかと思いますが、手術中は麻酔をしてから行うので痛みを伴いません。手術後は多少痛みは伴うこともあるのですが、我慢できない痛さではなく、抜歯をした時と同じといわれています。インプラントは顎の中に歯の根の土台となる小さなボルトを埋め込むのですが、手術をしたから終わりという訳ではなくその後のケアもとても大切となります。健康な歯と同じようにしっかりとブラッシングをしなければ歯ぐきの炎症に繋がってしまう原因となってしまいます。インプラントをセットした後は定期的な歯科医院でのクリーニングも大切となり、汚れをしっかりとってもらう・歯肉の状態・埋め込んだボルトの状態をこまめに確認する必要があります。しっかり噛めるようになり、健康な歯と同じような状態に戻せるのがとても魅力的です。維持するためにはしっかりとしたケアを行いお口の中の清潔を保つことが重要です。

pickup

最終更新日:2017/12/8


このページのTOPへ戻る