インプラントン

『インプラント 保険』
最新ツイート

渡あき / AKI WATARI
(@aki_w2018)

今日は早めに仕事を終え歯医者へ インプラントとは違うやり方で 何とか白い歯を取り戻せそうで(保険適応外だけど) ひと安心😌 女性ホルモンを摂取しているから 歯も脆くなりやすいかなと思い、先生に話したら 寝てる時マウスピースをした方がよいと教えていただいた 災い転じて福となす かな

45分前 - 2020年02月17日


テルテル
(@terutuk0614)

@pinokio74629006 私は奥歯二本をインプラントにしてます。 先生は稀に無い事だと言いますが… ネジの部分が折れる様です😢 補正も保険外なので本当に辛いです😭

1時間前 - 2020年02月17日


え”も”るん。@永遠にチャレンジャー!
(@emorun83)

みなさまこんばんはーっ🌃🌙*゚ 本日はホワイトニングと インプラント治療の お話を聞いて来ました👂 当たり前なんですが審美になると 保険適用外になるので お高くなっちゃいますね笑✨ 僕は歯並びが悪いので 歯並びが良い人が羨ましいですぅ😭 #なんの話なん

2時間前 - 2020年02月17日


インプラントに健康保険の適用はあるか?

インプラントの治療は、現在健康保険の適用の対象となっています。しかし、適用されるケースはかなり限られていることを覚悟した方がいいでしょう。具体的には、どこで治療を受けるのかという要件と、どんな症状で治療を行うのかという要件があるのです。まず治療を受ける場所については、歯科関連の医療施設であって保険適用の医療機関であること、一定以上の経験を有することなどがありますが、一番ネックになると思われるのが「病院であること」という要件です。病院というのは入院できるベッドが20床以上ある医療施設のことを指しますので、専業の歯医者さんのほとんどはこの要件から外れることになります。そのため、ある程度規模の大きい医療機関を探した上でインプラントの治療を受けないと保険の適用がないのです。また、症状についても、一定のものに限られているため、例えば、歯根破折や歯周病によって歯を抜くことになってインプラントの治療を受けた場合には適用対象外になります。

インプラントは健康保険が使えない

歯を失った場合、これまでは入れ歯がブリッジしかありませんでした。入れ歯では噛む力が劇的に減りますし、ブリッジでは両隣の歯に負担をかけるなどのデメリットがあったのです。そんな中登場したのがインプラントでした。簡単に言うと顎の骨にボルトを埋め込んで骨に定着させ、その上に人工の歯を被せる方法です。自分の骨にくっつく形になるので成功すれば自分の歯のような咀嚼力を取り戻すことができますし、審美性にも非常に優れているのです。持病などで手術できないこともありますが、多くの場合で適用できることから歯を失った人にも一筋の光明が差したのです。ただ、ここで健康保険が使えないという問題が発生しています。そのため通常1本30万円ほどと高額な治療費がかかります。それにその後の継続的なメンテナンスが必要なため、クリニックに通えない人は事実上手術が難しいのです。しかし、医療費控除などを利用すると結果的に減額されることもあるようなので、高額な治療費でインプラントを諦めていた方はこういった制度を利用するといいかもしれません。

注目サイト

Last update:2018/7/5


このページのTOPへ戻る