インプラントン

『インプラント』
最新ツイート

shinbisikablogs
(@shinbisikablogs)

歯が一本抜けた!!インプラントではなくても治す方法はないの? | 東京の審美歯科で低価格でジルコニアセラミッククラウンの治療 https://t.co/ZdVasj108x

58秒前 - 2018年05月27日


uo1001j
(@uo1001j)

全国5医院に展開_インプラント無料相談 総入れ歯の方 多くの歯を失ってしまった方 https://t.co/Fu1qohCo5D https://t.co/HQhHkXP05D

1分前 - 2018年05月27日


日本自然災害学会 災害情報委員会
(@jsnds1981)

【自然災害学会員NEWS・片田敏孝さん】【地球を掴め国土を守れ】技研製作所の51年(9)「震災前にインプラント工法が普及していたら…」 - SankeiBiz(サンケイビズ) https://t.co/xn7ht0XiqF @SankeiBiz_jpさんから

2分前 - 2018年05月27日


デンタルインプラントの概要。他のインプラント治療との違い!

インプラント治療と言われて一般的に思い出すことが、デンタルインプラントを連想する人が多いでしょうが、この言葉は医療的に用いられるもので、体内に器具を埋め込むことすべてに対して使われ、心臓ペースメーカーや骨折などの固定に使われるボルト、人工関節など口腔内のみに使われる言葉ではありません。口腔内の場合では、虫歯や歯茎に異常が出て歯をなくした人が、チタン製の合金で出来た柱(人工歯根)を骨の中に埋め込んで、そこに人工歯を差し込むという方法で、歯の再建が行われます。これは元々、交通事故やけがにより骨折や間接に異常が出た場合、外科により人工骨を埋め込む手術や人工関節を埋め込む手術と同様の概念として考えられます。ただ、歯科医療であることから、元々入れ歯(義歯)治療があることから、自由診療であり、また、他のインプラント治療と違い生命や日常生活に甚大な支障をきたさないことから、自由診療として実費が求められ、口腔外科と歯科が連携して治療にあたります。また、他の埋め込み治療に比べて違う概念として、医師の判断よりも個人の判断が重視されるため、歯科医院や医療機関選びがもっとも重要であり、リスク管理や実績においてしっかりとした医院での治療を検討しなければいけません。

インプラント治療のあらまし

インプラントは人工の歯根のことをいいます。虫歯や事故等で失った歯の代わりに、顎に人口の歯根を埋め込みその上から義歯をかぶせるのがインプラント治療です。歯科治療の中では比較的難易度が高く、手術が必要になるため治療に際してはあらかじめ注意が必要です。この治療方法では顎に直接ボルトを埋め込んでしっかりした土台を作るので、治療後は物をしっかりと噛むことができるようになるなど、他の歯科治療よりメリットは大きいものと考えられます。失った歯に近い状態を取り戻したいなら、この方法が現在の歯科治療の中で最も有効とされます。費用面では保険が適用されないため、治療にかかる費用がどうしても高額になります。さらに治療後も定期的なメンテナンスが必要になるため、その分も考慮して治療費を用意した方が良さそうです。しかし医療控除の適用を受けることができるため、治療後にこの制度の適応を受けて費用の負担を軽くすることは可能です。また人によっては治療が見合わせになることがあります。糖尿病などの疾患があったり、歯周病や入れ歯の使用で患者の歯茎が痩せている場合では、顎にインプラントを埋め込むのが困難なケースがあるため治療が断られるケースがあります。

check

美容はさみ

二次会のためのドレスレンタルを京都で予約する

プリント基板の作成

最終更新日:2018/5/23


このページのTOPへ戻る